【ガッテン】大豆を食べるだけで筋力アップ!おすすめ食材&レシピも掲載

2019年6月5日の【ためしてガッテン】では「心臓病予防&筋力アップ!健康長寿をかなえるスーパーフードSP」と題して「大豆」に注目した内容が放送されました。

大豆の秘められた力で寝たきりを防ぐ筋力アップや、突然死を防ぐ心疾患予防などに有効とされる最新研究が紹介されました。

大豆たんぱく質には運動しなくても筋肉増強や脂質吸収を抑制する効果が期待できるようです。

最近では大豆食品のおからパウダーやきな粉、大豆粉などがダイエットに効果的と話題になったりと大豆のスーパーパワーに新たにスポットが当てられてきています。

大豆の健康長寿の力を番組内容にそってご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

大豆を食べるだけで筋力アップ

もし、動かなくても筋肉が増えるならそんな虫のいい話はないですよね。

ですが、なんとある病院で寝たきりなのに筋肉が増えた人がいるそうです。

徳島大学の二川 健教授を訪ねました。

足腰が悪くあまり動けない患者さんにあるものを食事に取り入れた結果30日後には筋肉がアップしていたそうです。なんと筋力40%アップだそうです。

ガッテンではよりわかりやすく効果を実証するため実験が行われました。

2週間あるものを被験者の方たちに食べていただきました。そして筋力を計ったところ、皆さん驚きの結果がでました。

筋力54人中37人筋力アップ!という結果でした。

いったい何を食べていたのでしょうか?

それは大豆でした。一日の量はごく少量でした。煎り大豆20gです。

大豆たんぱく質が今日の注目のテーマです。

大豆たんぱく質は20gで8gだそうです。

徳島大学の病院実験では大豆製品の粉末を料理に用いていたようです。

なぜ大豆を食べるだけで筋肉がつくのか?

筋肉は激しく運動すると筋肉が傷ついてボロボロになります。そうするとIRS-1というたんぱく質が筋繊維を修復してくれます。

つぎは運動しない場合を考えてみましょう。筋肉は運動しなくても劣化してボロボロに切れてしまいます。

その時、IRS-1が筋繊維を修復しようとするとユビキチンリガーゼcbl-bという運動をあまりしない状態のときにでる物質がでてきてIRS-1にとりつき、筋肉の修復ができなくなります。

その時大豆たんぱく質が活躍してくれます。大豆たんぱく質がIRS-1の身代わりとなってつかまることでIRS-1が自由になり、筋繊維が修復され筋肉が増えるといわれています。

たんぱく質は他にもたくさんありますが、なぜ大豆たんぱく質なのでしょうか?

スポンサーリンク

宇宙飛行士の筋力維持がきっかけで大発見

肉、魚、なども沢山たんぱく質が入っていますが、大豆は肉と魚にはない突起がたんぱく質の形にありました。

それは宇宙プロジェクトにより発見されたそうです。

宇宙飛行士は宇宙に行くことで無重力のなかにいるため筋力が落ちて地球に帰ったときは歩くのも難しいほどになりました。

その原因を研究した結果ユビキチンリガーゼcbl-bが発見され、17年かけてそれを抑え込む方法が見つかりました。

それが大豆たんぱく質がユビキチンリガーゼcbl-bの筋肉を委縮させる働きブロックすることがわかりました。

では大豆だけからたんぱく質をとればよいかというとそうではなくて、筋肉のもとになる肉や魚のアミノ酸が必要になるので、バランスよく肉と魚、卵なども食事に入れていきましょう。

アスリートも注目!豆腐生活でムキムキな体を維持

沖縄のダンテさんというボルダリングをされている方は様々な豆腐を食べられていました。筋肉のためには豆腐が欠かせないとのことです。なんと10年間肉無しで豆腐中心の食事で立派な筋肉を作り上げられたようです。

大豆たんぱく質は心臓病予防にも効果あり

FDA Health Claim(アメリカの調査機関)の実験によると「大豆たんぱく質25g摂取で心疾患が減少する」という研究結果が紹介されました。

大豆には脂質の吸収を妨げる働きがあります。その結果心疾患や動脈硬化を防げると考えられています。

家森幸男さんの研究により世界中の長寿食を調べられました。海の幸山の幸を上手く取り入れている地域の人が長寿とのことです。

いろんな国の17000人の尿を集めそれを調べることで普段の食生活がわかり、大豆を多く食べている地域は心疾患などが少ないことが判明しました。

大豆をたくさん食べた人ほど、心筋梗塞などでなくなる方が少なかったそうです。

結局日本に1番すごいものがあったようですね。

スポンサーリンク

大豆たんぱく質を摂取できるおすすめ食材

筋力アップが期待できる大豆たんぱく質の量は8gです。心疾患などを防ぐには大豆たんぱく質25gを摂取する必要があります。

乾燥大豆で大豆たんぱく質8gをとるのはおやつ代わりに食べたりと簡単そうですが、大豆たんぱく質25gをとるには乾燥大豆ですべてを摂るのは大変ですね。

番組で紹介された料理を参考に25g摂ることを意識するといいでしょう。

大豆を食べる時の注意点

・生のままでは毒がありますので絶対に加熱したものを食べてください。

・ご自分にアレルギーがあるかどうかも確認しましょう。

・煎り大豆はあまり消化が良くないので高齢者や胃腸の弱い方は一度にたくさん食べないように気をつけましょう。

参考元:http://www9.nhk.or.jp/gatten/

大豆たんぱく質関連記事

↓ ↓ ↓

参考➡高野豆腐パウダーダイエットは即やせ効果大!作り方や簡単レシピも満載!

参考➡おからヨーグルトダイエットでウエスト-31㎝!作り方&いつ食べるのが最強か?

大豆のおすすめ食べ方レシピ3選

大豆の甘辛揚げ

番組でも埼玉県の小学校に出されている「カリカリ大豆」が紹介されていましたね。学校給食からの一品です。

リクエスト給食1位の大豆の甘辛揚げ

作り方→Cpicon リクエスト給食1位の大豆の甘辛揚げ by moj

豆苗と木綿豆腐の和え物

栄養たっぷりの豆苗と合わせて健康効果をさらにアップさせよう。

簡単豆苗と木綿豆腐の和え物

作り方→Cpicon 簡単豆苗と木綿豆腐の和え物 by あいぱんman

大豆粉とおからパウダーのお好み焼き

大豆粉とおからパウダーのダブル大豆たんぱく質の一品です。

大豆粉とおからパウダーのお好み焼き

作り方→Cpicon 大豆粉とおからパウダーのお好み焼き by ☆アイサ☆

【まとめ】大豆は健康長寿をかなえるスーパーフード

・大豆たんぱく質は運動しなくても筋力をアップさせてくれる

・大豆たんぱく質がIRS-1の働きを助けていた

・大豆たんぱく質8gで筋力アップ

・大豆たんぱく質25gで心臓病予防

どうでしたか?いつも身近にある大豆食品が私たちの身体にとても必要なものだったことがよくわかりましたね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする